「永久脱毛」=「永久」ではない

最近は少しおとなし目になりましたが、
一時期、脱毛業界で「永久脱毛」という
言葉がやたらと使われていた時期がありました。

よく、

「永久脱毛」なんだから二度と生えてこないよね?

という質問を受けるコトがあるのですが、
これには注意が必要です。

「永久脱毛」という言葉自体には、
「永久に生えてこない」コトを保証する
意味はなく、あくまでも店舗ごとがその
基準を決めることができる
からです。

なので、もし、あるエステが

「うちは、1年生えて来なかったら
 『永久脱毛』と呼ぶ」

と決めれば、
そのエステにとっては、1年生えないだけで
「永久脱毛」と呼んでいいというコトになります。

実際、一生 生えてこないことを保証した
脱毛技術というのは、現状の日本では
出回っていないようです。

(女性の脱毛で「生涯保証」といって、
 また生えてきても生涯に渡って
 保証してくれるというサービスはあるようですが。)

「生えてきにくい」と言われてる順番

実際、メンズの脱毛が終了しても、

5年くらいで また生えてきた」

10年目で、また生えてきた」

という口コミをちょくちょく目にします。

しかし、その脱毛の方式によって、
その後の「生えてきにくさ」の違い
あるようです。

いろいろな方式があるのですが、
ザックリと言って

  • 光(フラッシュ)系脱毛
  • 医療レーザー脱毛
  • 美容電気脱毛

で、後の方が生えてきにくいと言われてます。

このサイトでメインで扱ってきた
ダンディハウスとメンズTBCは、
どちらも生えてきにくい美容電気脱毛を
メインとしています。

「生えてきにくさ」にこだわる人は
ぜひチェックしてみて下さい。

メンズTBCのひげ脱毛>>>

ダンディハウスの公式ページ>>>


っと、ここまでで
永久脱毛についての話しは
終わりになります。

続いてのよくある質問は、
「メンズエステは恥ずかしい?」
という質問です。

メンズエステってやっぱり恥ずかしい?>>>

勧誘ってやっぱりある?>>

このサイトのトップページに戻る>>


このページの先頭へ